JPRS

.jprs TLD Labs

ENGLISH

MENU

大規模災害時のインターネット継続利用実証研究

活動の概要

DNSはインターネットの名前解決の仕組みです。信頼性向上・耐障害性の強化のために、これまでもさまざまの技術が導入されてきました。その技術の一つとして、IP Anycast技術を用いた地理的分散配置があります。

JPRSではこれまで、IP Anycast技術を用いてDNSの信頼性向上・耐障害性の強化を図るために積極的な研究を行ってきました。その成果を活かし、「.jp」においても、IP Anycast技術を導入し、DNSサーバーを広域に分散配置することで、DNSの系全体としての信頼性向上を図っています。

しかしながら、大規模災害などの緊急事態発生により特定地域がネットワーク的に孤立し、ルートサーバーやトップレベルドメイン(TLD)のDNSサーバーへの到達性が失われる状況下においては、特定地域内の閉じられたネットワーク内でのドメイン名の名前解決が不可となり、特定地域内のインターネットサービスの提供に致命的な影響を及ぼすことが考えられます。このような緊急事態発生時においても、ドメイン名の名前解決を継続的に提供し続けることは、DNSの信頼性向上に効果があるだけではなく、インターネットサービスの継続的な提供にも寄与するものと考えます。

本研究では、「.jprs」のDNSサーバーをJPRSの管理外ネットワークであるISP内のネットワークに設置することで、JPRSとISP間のネットワークが分断される状況下においても、TLDのドメイン名の名前解決が継続的に提供可能となることを検証します。

活動の体制

本研究活動は、以下の9社による共同研究です。

参加組織名 略称 URL
北海道総合通信網株式会社 HOTnet http://www.hotnet.co.jp/
東北インテリジェント通信株式会社 TOHKnet、トークネット http://www.tohknet.co.jp/
北陸通信ネットワーク株式会社 HTNet http://www.htnet.co.jp/
株式会社ケイ・オプティコム K-OPT http://www.k-opti.com/
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ エネコム http://www.enecom.co.jp/
株式会社STNet STNet http://www.stnet.co.jp/
九州通信ネットワーク株式会社 QTNet http://www.qtnet.co.jp/
沖縄通信ネットワーク株式会社 OTNet http://www.otnet.co.jp/
株式会社日本レジストリサービス JPRS https://www.jprs.co.jp/

発表・論文リスト

DNS Summer Day 2017

場所: 東京都中央区

主催: 日本DNSオペレーターズグループ

日付: 2017年6月28日(水)

タイトル: 災害から考えるDNSと地域インターネットサービス

関連リンク:

APRICOT 2017

場所: ベトナム ホーチミン市

主催: APRICOT

日付: 2017年2月28日

タイトル: TLD Anycast DNS servers to ISPs

関連リンク:

JANOG 38

場所: 沖縄県那覇市

主催: 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ

日付: 2016年7月7日(木)

タイトル: 大規模災害時のインターネットの継続提供への取り組み

関連リンク:

8th CENTR R&D Workshop

場所: ベルギー ブリュッセル

主催: CENTR

日付: 2016年5月17日

タイトル: TLD labs - .jprs R&D Platform -

ページトップ